一般質問最終日

23番目の登壇、時刻は刻々と定刻5時に迫っていました。登壇するために議場を進むと“”延長します“”という議長の宣言、これって結構ストレスです。議員は審議に集中する義務と責任があるのは当然ですが職員は議場外のも大勢待機していることを知っている立場でもあります。夕方から予定されている市民活動における各種会合、議会終了後を見計らって面談を予定してる部署結構ありますからね。

一般質問は登壇して行う質問が一問、答弁を承けた後自席で行う質問が二問目さらにもう一問、つまり三問目まで市長に質問ができます。今回は一問の答弁で一応、良し、としました。質問項目のうち都市計画道路の推進、政令市の権限と財源の充実に実現、何れも仙台市政にとっても私にとっても緊急かつ重要な課題なのですが、余りにも大き過ぎて自治体だけでは解決できない面もあることを知っているからです。

前述の件もあり、答弁内容もまずまず、後は分科会審査そして今後の御当局の動きを追いかけ背中を押していくことにしました。都市計画道路、私が議会に出して頂いた時からの懸案です、早や30年ですね。それにしても、都市計画決定から数えると早や50年、私権の制限がこれほど長いのは問題ですね。

 

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map