一発芸 ワンフレーズポリテイックス

更生保護関係者が胸に着けるバッジに黄色い羽があります。保護司など関係者と支援する意思を持った方々が主に付けています。

1㎝ほどの長さで、七宝焼きのような光沢があり目立つバッジの一つだと思います。私も付けています。

飛行機に搭乗中、アテンダントから質問がありました。これは犯罪を犯した人が社会復帰をすための⭐︎⭐︎⭐︎、何せ数秒間の会話だけにこれで終わり。

アテンダントは聞いてはいけないことを聞いてしまったというふうに、目を伏せました。“”支援する“”という重要キーワードを伝え切れませんでした。

私のすぐ後ろを歩いていたご婦人はその様子を見て微笑んでいましたから、 多分理解をしてくれたと思いますが肝心の質問者であるアテンダントには伝わらなかった恐れあり、です。

もしかして、“”犯罪を起こした過去を持つ更生者の印“”と誤解した可能性もありと、降りるときにアテンダントを探してみたものの該当者は確認できず。

正しく理解してくれることを祈りつつ、今度はバスの人に。ワンフレーズポリテイックス、は小泉純一郎氏が得意とした手法です。改めてその有効性を感じました。

これも一発芸の一つかな、ワンフレーズポリテイックス、心掛けます。

 

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map