今日も予定通り業務終了

研修終了、帰仙の途に。静岡から東京駅までの新幹線車中、緊急警報メイルが立て続けに入りました。何事かと見ると、地震速報、それも立て続け。震源地は茨城、震度4ながら大事はないようです。JR東は影響が出て、ホームに到着する列車は15分遅れ、行きも遅れて帰りもそうかと諦めて流れに乗る覚悟を決めたところ、何と3分遅れで出発、あっという間に遅れを取り戻しました。

凄いJR東、仙台着は定刻、重ねて拍手、JR東。鉄道の定時運転を見ると、日本は大丈夫と思うのは私だけでしょうか。嘗てJR東の最高幹部が、私たちも官僚です、と見送りのためエレベーターホールまでの道すがら私とのやり取りの中で、言った言葉を思い出します。官民拘らず国を支える“”誇り“”“”矜持“”がそう言わせたのでしょうね。

駅まで迎えてくれた家内の車に乗り込み、早速着替えてお通夜に臨み、焼香後バイクを走らせて議会に、すっかり日が暮れて国道は車が一杯、先を急ぐあまり、警戒中のパトロールカーを追い越すところでした(;^ω^)5分遅れで会派室に到着、待っていてくれた都市整備局長と随行の参事とじっくり意見交換、意思の疎通は図れたと思います、多分。

国の方針と自治体の判断、判断の元となる関係者の意見聴取、関係者の意見が相反することは当然のことそこをどう折り合いをつけるか、市長、議会そして議員が最後は責任ある判断をすることになります。役人は政策判断は出来ないし責任を取ることもできません。市民が役人の責任を訴求して求めることはできません。

国も自治体も政治家と役人、それぞれの役割が曖昧になっているのではないかと心配しています。嘗ては勘違い市幹部がいなかったわけではありません。俺が造った俺がやってやった、公言する市職員は、仮にいれば、問題です。今はいないと思いますが(笑)

闇と車列を切り裂くように、カッコつけかな、バイクを走らせ無事に帰宅。今日の行はこれで終了、普通のおじさんに還ります。JR、写真のシャッターを押してくれた静岡市職員さん、関係の皆さんに感謝、お蔭で予定はすべて完了しました。それでは、お明日おみょうにち。

 

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map