スピードアップの時代

研修を終えて、最寄駅御茶ノ水から東京駅まで一本道。新幹線やまびこ号のシートを確保して車中の人に。六時に仙台着、南北線を乗り継いで勾当台公園駅、今日最後の会合に間に合いました。

御茶ノ水駅から会場まで三時間足らずで到着して歓談の場で違和感無くその場の人になる。現代では当然のことではありますが、一方不思議で不思議でなりません。人の歩行速度は6キロ前後だとか、これからどこまで日常の移動スピードは早まってゆくのか。

文明の利器を生かしながらも人として生まれつきに備わった力を意識して磨きたいそんなこと思います。さて話題は参議院選挙から先の市長選挙に変わりつつあります。これって早くね(^^;;

 

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map