クロスロードゲーム

備えよ常に、はボーイスカウト創設者ベーデンパウエル卿が発した至言だと思っています。今日は五輪町内会主催の防災訓練、地元大志高等学校の協力を得て実施sて四年位なります。

学校行事などが重なった日となりましたが、80名の参加は見事です。マンネリにならぬ様、中心になって企画する自主防災部長関係者は企画に苦心を重ねます。

今回採用したのはクロスロードゲーム、起こりうる状況設定の元、判断が求められる取り組みです。六年前、避難所での混乱の遠因の一つが多様な価値観そして判断のぶつかり合い、当時を彷彿とさせるほど意見が分かれました。

発災時はみんな被災者、公務員も一般市民もありません。被災市民が自主的に組織し救援が来るのを待つ三日間、平常時の訓練には最適は一つとお見受けしました。

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map