もう、話題にならない

榴岡天満宮例大祭翌日、後片付けに参集した氏子役員さんたち、三日間の疲れも見せず、テキパキと各々役目をこなす。一時時間余りで終了、作業中の会話はさもないこと、三日前の選挙の結果については、言及は無し。

敢えて避けているのかもしれませんが、神社のお祭り、選挙のお祭り騒ぎ、何れも熱気は収まって市民生活は日常に戻ったというところでしょうか。後は政治家同士の綱の引き合い、主導権を巡って暫くはすったもんだすることになるのでしょう。

二元性実現の好い機会、議会議員の覚醒を促す絶好のチャンスにしたいものです。この四年間が楽しみです。しかし世の中の流れは速いものです。政治行政が遅れを散ることは許されません。

永田町の国会議員も淘汰される日は近い、さあ国会への志を持った皆さ、ん準備おさおさ怠りなきよう願います。斯く言う私も、怠りなく責務を果たして参ります。

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map