みんな頑張って

懸案の、インターネット公開条例も決着がつき、何はともあれ、第二回定例会は終了しました。最終日恒例の市長の各派訪問、今回は議員が全員待ち構えてお迎えし集合写真まで撮るという仕儀。こんな流れになるのも奥山市長最後の定例会ということが大きいですね。

市長選に対する態度表明は有りませんでしたが。週明けには何らかの動きが、有りそうななさそうな。予算と人事そして懸案事項、しっかり受け継いでその上で新市長の新機軸。そうあって欲しいと願う一人です。

夕方打ち上げの食事会、途中で抜けて地元の会合、コミセン運営委員会、同時刻開会の会合二件、うまく参加できました。これも地元の会長の配慮があればこそ、感謝ですね。いかに多くの人々の支えがあって成り立つ仕事か、議員責務は大きい、改めて思います。

ところで市長選挙、急速に関心が高まってきました。四候補予定者、それぞれ個性が光っています。定番で考えれば有力と言われる二候補予定者、そこに割り込む候補者、謂わばダークホース、健気に頑張る候補者、一人ひとりに満遍なく共感を持っている市民がいると感じますね。

みんな頑張って欲しい、結果は一人しか選ばれない厳しい首長選挙ですが、真摯な訴え、行動はかならず市民の心に残り次に繋がると信じます。政治は、成り上がりの場では有りません。誠心誠意が根本にあって初めて機能していくもの、私はそう信じています。

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map