どちらの候補予定者にも懐疑的

某団体総会、懇親会では幹部から質問攻め。テーマは市長選挙。批判的ですね、政党の取り組み。

注目は二人、自民党と民進党、どちらの候補者に対しても疑問百出、答えようのない私、説明できるほどの付き合いも無し、これから研究というところですからね。

仙台市民の前で大いに議論をして欲しいものです。私も聞いてみたい、その後ですね、宣伝活動は。

政党の代理戦争になることは如何なものか、方や国会で何をしていたかわからない国会議員、方や経済界で辣腕を振るってきた事業家、行政、政策については百パーセント未知数です。

選挙後は行政と議会の主導になりそう、返っていいのかもしれません。市長が絶対的権限ホルーダーであると言う理論はすでに破綻しています。議会が承認しなければ行政が動かない、これは現実、議員の意識が問われています。議員こそ人材が必要な時代です。

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map