さてどうしたらいい

午前中公民館運営審議会、生涯学習支援センターの在り方についての諮問答申審議、建設的意見が委員から数多く出て順調、良い答申になる予感。

日頃発言が多いかな、と言う自覚で発言控えようと思って臨んだ今回の審議会でしたが、委員の意見に即発されて、関連で一言。抜き打ち発言に困った、カモしれない事務局をサポートする形。

ルール違反です、質問予告無しは…国会では、おバカな議員が今日やっているようですが。建設的な黄な議論を志すならば、正確な資料を基にして議論をすることが前提です。

大向こうの受けを狙っての発言でなければ、相手に配慮する慎みがあっていいと思います。ここで世間知らずの誹りが出てくるのですね。自称を含めた学者様お気をつけて。

世間知らずが、その自覚無しで次代を担う若い世代を教育する、日本の教育制度、元締めの文科省次官が、面従腹背が座右の銘とは、怖いとても。

ということで臨んだ午後の部は、教育現場での会合、心配だなァ、先生がんばれ、本木に勝る末木なし、実感です。

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map