徒然草第百八段 時間を惜しめということ



 寸陰惜しむ人なし。これよく知れるか、愚かなるか。愚かにして怠る人の爲にいはば、一錢輕しといへども、これを累(かさ)ぬれば、貧しき人を富める人となす。されば、商人(あきびと)の一錢を惜しむ心、切なり。刹那覺えずといへども、これを運びてやまざれば、命を終ふる期(ご)、忽ちに到る。

されば、道人は、遠く日月を惜しむべからず。ただ今の一念、空しく過ぐることを惜しむべし。もし人來りて、わが命、明日は必ず失はるべしと告げ知らせたらんに、今日の暮るゝ間、何事をか頼み、何事をか營まむ。我等が生ける今日の日、何ぞその時節に異ならん。一日のうちに、飮食(おんじき)・便利・睡眠・言語(ごんご)・行歩(ぎゃうぶ)、止む事を得ずして、多くの時を失ふ。その餘りの暇、いくばくならぬうちに無益(むやく)の事をなし、無益の事を言ひ、無益の事を思惟(しゆい)して、時を移すのみならず、日を消(せう)し、月をわたりて、一生をおくる、最も愚かなり。

謝靈運は法華の筆受なりしかども、心、常に風雲の思ひを觀ぜしかば、惠遠(えおん)・白蓮の交はりをゆるさざりき。しばらくもこれなき時は、死人に同じ。光陰何のためにか惜しむとならば、内に思慮なく、外に世事なくして、止まむ人は止み、修(しゅう)せむ人は修せよとなり。 第百八段

お金の一銭を惜しむ人はいるが、時間の一瞬を惜しむ人は少ない。一瞬一瞬の積み重ねが人生であれば、一瞬を惜しまない人は、あっという間に人生の終焉を迎える、と言うこと

我が身を顧みて、拳拳服膺、心して参らねばと思います。と言うことで、今日も一日、心にかかる案件について、関係局に対応を求めました。よほどうるさい議員と思われていることでしょうね。

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map