議会前のミッション終了

あかし市立図書館視察、館長の丁寧な説明、館内を巡りながらの質疑応答、快適に目的を達成できました。1時間半、予定の時間をオーバーしましたが、あっと言う間に時が過ぎたという感じ。

御礼もそこそこに、歩いて数分の明石駅から、快速、新幹線の乗り継ぎで仙台駅に到着、歩いて数分の距離にある仙台市生涯学習支援センターに向かいます。

引き続き、市民カレッジの講座をオブザーバーとして参加、公民館運営審議会委員としての仕事に入ります。これも2時間、あっと言う間に任務終了。12時間ぶっ通しも返って流れがリズミックで楽しいですね。

感じること思うこと多々、改善に向けて意見をまとめます。改善といっても、支援体制の充実、市民活動が途中で挫折せぬよう、議会の視点で提言して参りたい、と思っています。

昨日そして今日と移動して日本の鉄道の信頼性の高さを改めて実感します。仙台、新大阪、和歌山駅、和歌山県庁での仕事を終えてバスで和歌山市駅、大阪、明石そして明石から折り返して新大阪、東京、仙台、和歌山県庁と駅をつなぐバスも連絡が良く、不自由感はありませんでした。

先人が営々として築き積み上げてきた,全てのことに感謝ですね。和歌山県庁ロビーには郷土の偉人、浜口梧陵、陸奥宗光、小泉信吉(小泉信三尊父)などなど、日本の偉人のパネルが掲示されていました。先人の偉業を知り奮い立つ青年が多からんことを思います。

本市も名誉市民だけでは物足りない、歴史的人物の検討を提案したいと思います。社会のインフラは大丈夫、あとは国会議員の、洗濯、否、選択ですかね。

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map