調査特別委員会視察

第一回定例会を前に厳しい日程をやり繰りして調査特別委員会視察が行われています。福岡市、熊本県庁、何も教育委員会、と訪問しますが近代交通の利を最高に活かした視察日程になっています。

仙台〜福岡、何と1000キロあまりを飛行機で、福岡、熊本は新幹線を利用します。必要な時に必要なことを、ライブで視察し即、行政に生かす。最近までは考えられないことです、が仙台市議会は率先して実行しています。

激しく世は動き、脚光を浴び一世風靡の取り組みの自治体もいつまでもトップランナーではいられない、常に前進していないと陳腐化してしまう、ストレスは強くなりますが得てして遅れがちになる政治行政にとっては、競い合い、良いことだと感じています。

子供たちの健全育成、健やかな成長を促し確保する責務を担う議会、強行軍も顧みず行われた今回の視察、確実に活かしたい、切に思い、実践を誓い、さあ今日も出発です。

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map