恩返ししたいときには

デビュー30年、歌謡教室を主宰して20年、言葉に表せない苦労があったことでしょう。表情、挙手に一片の陰りもなく日常の務めを果たす、こんな立派な人のお祝いの会がありました。

ごあいさつ文の中に、“”この二十年の間には、(出会い)(別れ)(涙)(笑い)いろいろな事が御座いました。・・・・・陰となり日向となり支えて頂いた後援会長はじめ教室の皆さんのお力でここまで来れました。・・・・・“”とありました。

私自身感じること大です。振り返れば幾星霜、私も30年の議員生活を送る身です。数え切れぬほどの多くの皆さんの支援があってここまで来ることができました。ほとんどの人に直接のご恩返しができぬ間に時間だけが過ぎてしまったことが悔やまれます。

少しでも社会にご恩返しが出来るよう時間を惜しみ、寸刻を大事に目の前に湧き出る課題に取り組む毎日ですが、今日改めて肝に銘じ直したことでした。12月定例会を目前に、研修と視察を予定しています。新幹線を乗り継いで関西関東東北と忙しく動きます。

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map