大人と子供の付き合い方

小学校を舞台とした地域連携行事の反省会、地域支援本部関係者として参加、関係学校校長と懇談頻り、三人の校長と懇談できるのは、僥倖、テーブルを回らずじまいになりましたが、有意義な会話ができたと思います。

最近、地域の祭りで注意をされたということで、PTSD障害発症理由にを低学年生徒の親が裁判を起こし、敗訴の結果が出た事例がありました。

スピーチの時間を頂いた際、この件を例に挙げて、大人と子供の付き合い方の思わぬ、陥ペイについて触れました。行事も調子がよくなた時が、注意どき、そんなことも考えた上でのこと。

トラブルの防止策について、妙案があるわけではありません。出来ることは、徹底的なお付き合いを通じて、信頼感の度合いを深めることにつきますかねエ。一般に些細なことと思えることでも問題にする親は尽きず生まれる、チームで対応することも大事でしょうね。

学校の責任者の求められるの問題が起きた時に丁寧に対応することはもちろんですが、相手に対して毅然として主張すべきことは主張するの腹の括りと、相手を納得させられる交渉力です。

優等生すぎてはことを収めることはできません。さて現状はどうなのか、校長は果たして校内の教師を治めることができているのか、ブラックブックス化しているとも言われる学校内部、地域との連携を密にすることが大事であるのならば、学校側はやるべきことがありますね。

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map