与えた恩は忘れろ。受けた恩は忘れるな

数年ぶりの会食会、広瀬川倶楽部。移動例会の会場が懐かしい場所。六年前市長選出馬の前に遡ります、家内と一緒にお邪魔したのでした。松竹膳処、仙台を代表する割烹の系譜を担っています。女将さんもお元気で変わらぬ気品と威厳そして笑顔でお迎え頂きました。

参加者は16名限定、久しぶりにお会いする人が半分弱、あとは初対面ですがメインに席を頂き会長の坂ちゃんと長いお暇の時間を感じさせない隣席の旧知の紳士と和やかな懇談に直ぐ移れました。話は四方山、私にとって何でも良いんです。女将さんと坂ちゃんと話ができれば。

孤軍奮闘のときに又その後の失意のときに、陰に陽に心を通わせて頂いた私にとっては恩人です。挨拶して直ぐ帰っても良かったのですが、折角の割烹料理、コースは天婦羅まで頂いてお暇しました。

与えた恩は忘れろ。受けた恩は忘れるな、振り返れば人生の節々で多くの皆さんに支えられて今日があるのだと分かります。理不尽とも終える言動仕打ちもありましたが、それがなければ奮起もなかったと思えば、欠くべからざることであり人物と出会っていたのですね。

予報通り雨脚が強くなった路地を家内が待ってくれている駐車場まで歩く足取りも軽くステップでもしそうな心地良さ。さてこれからの人生はお借りした恩を如何にお返しするか大事なミッションが待っています。

 

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map