一足早い仕事始め

正月三日は恒例行事があり事実上の仕事始めになります。八幡様の新年祈願祭、連合町内会の新年祝賀会とお招きを頂いて一年がスタートします。祈願が済んで市民と初顔合わせ、選ばれる仕事に携わる立場としては良い流れです。

又この流れは世の中の厳しさを肌で感じる機会でもあります。先ず呼ばれるかどうかは毎年主催者の考え次第、恒例ではあるのですが招待者リストは毎年変わります。現職議員のみ、六年前市長選落選当時は市議会議員復帰までの二年呼ばれることはありませんでした。招待される市議・県議は地域縁の範囲でほぼ一定していますが、国会議員は不安定、今年は何方も招待が無かったようで姿なし。

毎年厳しい評価が行われて結果ご招待のある無しが決まると思うと、当事者としては緊張感を年頭から持つことになります。マンネリ防止には良いシステムと思っています。その時その時の、有権者の政治に対しての率直な気持ちを肌で感じる、私にとってはそのような機会と捉えて励みにしています。

 

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map