ヒメジオン 仙台市武道館

時々天を仰ぐことがあります。何時ごろから習慣と言ってもいいこの動作が身に着いたのだろうと思います。人として生まれて持つ自然の動作の一つかもしれませんが、振り返ると、天を仰ぐ、というこの動作を私に意識づけたあるエピソードがありました。

お世話になった三塚博先生ご夫妻、特に奥様寿子(かづこ)夫人からは沢山のことをお教えいただきました。その一つの中にこんな話がありました。三塚先生が代議士に当選する直前の時期、仙台市長選に出馬して落選、周囲の人は離れ孤立無援、将に八方塞がりの時ご夫婦で天を仰ぎ空の広さに勇気を得たという話です。

たとえ厚い雲が広がっていても、更にその上には青い空がそして無窮の宇宙に繋がっていると思うと我に返り一歩踏み出す勇気が湧いてくるものです。

内憂外患のこの時期、何故と思う動きが多い中気が滅入ること多々の毎日です。思い詰めるとどうしても俯き加減になります。そんな時は目線をちょっとあげると、新たな世界が視野に入ってきます。

写真は、雑草刈りからも逃れてすくっと天に向かって立つヒメジオン、仙台市武道館のおしゃれな外観そして元気を頂いた後の私、です。

IMG_8690 IMG_8695 IMG_8709

 

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map